フリーランスのエージェントはどう選べばいいのか?

フリーランス

「フリーランスのエージェント」とはフリーランス(個人事業主)に仕事を紹介する会社のことです。

頭に「フリーランスの」とつけたのは転職希望者に正社員の求人を紹介する転職エージェントと明確に区別するためです。

IT業界ならではのエージェント

IT業界以外ではこうしたフリーランスのエージェントの存在をほとんど聞きません。

IT業界にこうしたエージェントが多数存在するのはソフトウエア会社が顧客とSES契約を結ぶことが多いためだと思われます。

SES(System Engineering Service)契約とは請負契約の一種なのですが、完成したシステムを納品するのではなく、エンジニア(プログラマーなど)の労働力を提供する契約です。

SES契約とは

中小のソフト会社は顧客とSES契約を結び、プログラマーやSEを顧客の事業所に常駐させることがほとんどです。

SESとはSystem Engineering Serviceの略です。

SES契約は請負契約の一種なのですが、...

フリーランスのエージェントが紹介するのはほとんどこのSESの仕事です。

自分で営業するよりエージェント

会社員を辞めてフリーランス(個人事業主)になったのだから自分で営業して仕事を探さないと・・・、と思うかもしれません。

しかし、フリーランスのプログラマーであれば自分で営業せず、エージェントを使うのがおすすめです。

私はフリーランスになってから様々なルートで仕事を探してきました。

  • 勤めていた会社から仕事を貰う。
  • 知人のツテで仕事を貰う。
  • エージェントから仕事を紹介してもらう。

ではどのルートが一番よかったか?・・・というと断然エージェントなのです。

意外に思うかもしれません。

私も最初は第三者のエージェントに紹介される仕事はワリがよくないだろうと考えていました。

しかし、現実はまったく逆でした。

自分で探した仕事というのはたとえワリが合わないとわかっていてもやるしかない、撤退できない場合が多々あるためです。

しかも、仕事を出す方も「お友達料金と融通」を期待しています。

少なくとも自分はデスマに苦しんでいる顧客(実際にはかつての同僚や知人)と積極的に条件交渉をする気にはなれませんでした。

デスマーチの原因

ソフトウエア開発は毎日のように終電近くまで続き、週末出社してもまだ開発がスケジュールに追いつかない。

IT業界ではそんな話はいくらでもあって「デスマーチ」なんて呼ばれています。

デスマーチは毎日遅刻して午後から出勤するプ...

それに対して、第三者であるエージェントの紹介ならワリが合わない仕事はやらない、契約更新せずに撤退する、などが人間関係の問題なくできるため、結果的に条件のいい仕事を長く続けることができたのです。

エージェントを選ぶ基準

エージェント会社を選ぶ基準を重要な順にあげてみます。

  1. エンド直請け案件
  2. 案件数
  3. 契約更新の確認時期
  4. 支払いサイト

直請け

直請けとはエージェント会社が顧客(エンジニアの常駐先)から直接、エンジニア(プログラマー等)の労働力の提供を請けおうことです。

IT業界には「商流」と呼ばれるエンジニアの流通があります。

  1. 会社Aが顧客(エンジニアの常駐先)から労働力の提供を請け負う。
  2. 会社Aは自社のエンジニアだけでは労働力を提供しきれないため、会社Bに労働力の提供を依頼。
  3. 会社Bは会社Bからエンジニアの労働力の提供を請け負う(エンジニアは会社Bでなく顧客の会社に常駐)。
商流とは

IT業界で働いていると「商流」という言葉をよく聞きます。

IT業界以外では商流とは、商品の情報、金銭、所有権などの流通を意味します。

物理的な商品の流通は「物流」呼ばれますが、物理的でない流通を「商流」と呼ぶわけです。 ...

上記の「商流」では会社Aは直請けですが会社Bは直請けではありません。

直請けである会社Aに相当するエージェント会社を選ぶべきなのです。

実際には同じエージェント会社でも案件によって直請けの場合もあれば、直請けでない場合もあるため、正確には「直請け案件の多い」エージェント会社を選ぶべきです。

直請け案件でないと・・・

直請け案件でないと何が悪いのかというと以下の2点です。

  • 単価が低くなる
  • 契約更新等の確認が遅れる

例えば上記の例で会社Bに相当するエージェント会社を選んだとします。

顧客が単価100万円で会社Aに発注しても会社Aは10万円のマージンを取って、90万円で会社B(エージェント会社)に発注、会社Bが10万円のマージンを取って80万円でフリーランスのプログラマーに発注となってしまいます。

もし直請けの会社Aに相当するエージェント会社ならフリーランスプログラマーへは単価90万で発注できます。

さらに更新の有無(詳細は後述します)といった契約関連の情報も

  • 顧客 会社A 会社B(エージェント会社) フリーランスプログラマー
  • フリーランスプログラマー  会社B(エージェント会社) 会社A  顧客

のように流れるため遅延が発生してしまいます。

得意分野

一口にプログラマーと言っても組み込み系を得意とする人やグラフィックを得意とする人など得意分野は異なります。

エージェント会社にもWeb系に強い、デザイン系に強いなど得意分野があります。

これはエージェント会社が紹介する案件だけ見てもわかりません。

なぜなら直請けでない案件を右から左に紹介している場合も多いからです。

自分の得意分野の「直請け」案件を多く抱えるエージェント会社を見つける必要があります。

契約期間満了後の確認時期

SES契約は数ヶ月の期間契約です。

期間満了で契約更新されることも契約終了することもあります。

フリーランスとしては契約終了なら次の仕事を探す必要があるため、できるかぎり早く契約更新か終了かを知りたいわけです。

契約終了する場合、期間満了の1ヶ月前までに関係者に通知することが業界の習慣になっているようです。

エージェント会社が顧客から期間満了後どうするか確認するのですが、確認できる時期がエージェントの営業力によって大きく異なります。

もちろん早期に確認できるエージェントを選ぶべきです。

支払いサイト

支払いサイトとは仕事が完了してから実際に報酬が振り込まれるまでの期間のことです。 長いエージェントだと2ヶ月位、短いエージェントだと2週間位です。 フリーランスのプログラマーは資金繰りに苦しむような仕事ではありませんが、短いにこしたことはありません。

実際にエージェントを選ぶ

上記のような内容はエージェント会社のホームページを見る程度ではわかりません。

エージェント会社に登録して実際にいくつかの仕事の紹介を受けると見えてくるかもしれません。

例えば通常、仕事の契約をする前に顧客と打ち合わせしますが、その打ち合わせにエージェント会社の社員は参加せず、顧客の会社でもない別の会社の社員が参加する。。。

それはエンド直請け案件ではありません。

または案件に参画し、契約更新日の1ヶ月前になってもエージェント会社から何の連絡もないかもしれません。

そうなるとそのエージェント会社を選んだのは失敗だったとわかります。

単価を比較する

フリーランスは通常、複数のエージェント会社に登録しています。

複数のエージェントから案件を紹介されると、常駐先の最寄り駅、作業内容などからまったく同じとしか思えない案件があるかもしれません。

直請けの会社が自社で消化しきれない案件を複数のエージェント会社に流しているとそのようなことが起こります。

そして同じ案件に高い単価を提示しているエージェントは直請けの可能性が高いです。

これが直請けのエージェントを見つける1つの方法です。

前述の通りエージェント会社によって得意分野が異なるため、すべてのプログラマーにおすすめできるエージェントというのはありえませんが、直請け案件が多く(つまり単価も高い)、支払いサイトも短いエージェントの一つにレバテックフリーランスがあります。

レバテックフリーランス

コメント