フリーランスのプログラマーになるには

フリーランス

プログラマーとして大きく年収を上げたいのであれば、フリーランス(個人事業主)になるのは悪くない手段です。

正社員を辞めフリーランスとして継続して仕事を得るのは一般的には大変なことだと思いますが、プログラマーの場合はIT業界特有の事情により、他の職種より簡単に仕事を得ることができます。

フリーランスのプログラマ事情

IT業界のフリーランスとしてはプログラマ、SE(システムエンジニア)などがあるのですが、そもそもプログラマとSEの区別は曖昧でフリーランスという切り口ではどうでもいいことのように思えます。

重要なのはプログラマやSEには客先に常駐することでお金をもらう、SESという市場があることです。

実際、中小のソフト会社には机も椅子もなく、入社するとすぐに顧客の会社に常駐してそこで仕事をし、顧客との契約が切れるまで自分の会社には行かない、というところも多いです。

それならそういうソフト会社には就職せず、フリーランスとして顧客の会社と契約できれば・・・と考えるのは当然です。

フリーランス向けのエージェント会社の存在

しかし、顧客の会社と簡単に個人で契約できるほど世の中が甘くないのも当然です。

しかし、しかし、世の中にはこのニーズを汲み上げる「エージェント」と呼ばれる会社が存在します。

よく聞く「転職エージェント」ではなく、主にフリーランス向けに仕事を紹介するエージェントです。

このエージェント会社はフリーランスのプログラマに仕事を紹介することを前提にして顧客企業と契約するわけです。

フリーランスとして独立することは一見難しそうですが、プログラマの場合はこのエージェント会社の存在により、まるで派遣会社に登録するような感覚(それがいい悪いは別として)でフリーランスになることができます。

仕事はSESの会社員とほとんど同じ

この形態のフリーランスプログラマは毎日、顧客の会社に行き、そこで仕事をしますのでやることはSESで仕事をしている会社員とほとんど同じです。

営業は自分でしないほうがよい

自分が勤務していた会社や知人の会社から仕事を貰ったことも何度もありました。

古典的な人脈ベースの営業です。

しかし、今は可能な限り自分では営業せず、複数のエージェント会社から自分が最も実力を発揮できる仕事を選ぶようにしています。

自分で営業すると営業活動自体に時間が取られてしまうことはもちろんなのですが、断るべき仕事を「しがらみ」で請けざるをえない場合があるからです。

断るべき仕事とは金額が安いか技術的に意味がない仕事です。

技術的に意味がないとは、例えば「遅れているプロジェクトをxxまでに立て直す」といった感じの仕事です。

複数のエージェント会社を使うとそういった「しがらみ」を排除できます。

フリーランスになるのも辞めるのも簡単

誤解している人が多いですが、フリーランスになるのも辞めるのも正社員より遥かに簡単です(個人事業主の場合です、法人としてやるのは簡単とは言えません)。

仕事はフリーランスのエージェント会社に登録しておけば仕事は簡単に見つかります。

レバテックフリーランス

仕事が見つかったら税務署へは「個人事業の開業・廃業等届出書」を出すだけです。

コメント