付加年金

個人事業主は厚生年金に加入できないため、会社員と比べて年金の受給額が少なくなります。

それを少しでもカバーできるのが付加年金です。

サラリーマンや公務員は加入できない

付加年金は下表のように会社員や公務員は加入できませんが、個人事業主であれば加入することができます。

付加年金 被保険者 備考
第1号被保険者 個人事業主、学生、無職、とそれらの配偶者
第2号被保険者 会社員、公務員
第3号被保険者 第3号被保険者の配偶者
任意加入被保険者 60歳までに40年分の国民年金保険料を納付できない人

2年を超えて年金受給すれば勝ち

付加年金は国民年金保険料に付加保険料400円/月を上乗せして支払います。

月の保険料は以下のようになります。

国民年金保険料16,410円/月 + 付加保険料400円/月 = 合計16,810円/月

付加年金の加入期間は60歳までです。

それに対し、将来受け取る年金に加算される金額は以下のようになります。

200円 ✕ 納付月数 = 加算額/年

例えば30歳で会社員を辞めて個人事業主のフリーランスプログラマーになった場合、60歳までの30年間で以下の付加保険料を納めます。

付加保険料400円/月 ✕ 360月(30年) = 総納付額144,000円

それに対して以下の金額が毎年、将来もらえる年金に加算されます。

200円 ✕ 360月(30年) = 加算額72,000円/年

付加年金の総納付額144,000円に対し、その半額の72,000円が毎年、年金に加算されるのです。

つまり、付加年金は2年を超えて年金受給すれば収支はプラスになります。

65歳から年金受給開始するとして67歳を超えればモトが取れるのです。

平均寿命を考えれば付加年金の「勝率」は極めて高いと言えます。

役所の年金課で申し込む

月400年の付加保険料を捻出できないフリーランスプログラマーなどいないと思いますので、やらない手はありません。

付加年金の申込みは平日に役所(市役所、区役所、町役場、、、)の年金課に出向く必要があります。

「出社時間」などに縛らないフリーランスなのですから平日に役所に行って手続きしてみてはいかがでしょうか。

コメント