IT土方

IT業界にはIT土方、デジタル土方という言葉があります。

土方とは土木や建設作業員のことですが、IT土方とデジタル土方という言葉は悪い意味で使われています。

スポンサーリンク

IT土方とは?

IT土方とはIT業界で長時間の単純作業をする「作業要員」という意味です。

デジタル土方も同じ意味で使われます。

このIT土方と呼ばれる仕事をいくらやってもプログラマーとしてのスキルが上がることはありません。

なぜならIT土方に要求されるのはプログラミングやITの専門技術ではなく、長時間の単純作業だからです。

仕事内容

以下のような技術力を要求されない「作業」をやっているならIT土方と言えるかもしれません。

  • 画面上のボタンを何千回クリックするとプログラムがクラッシュするか回数を数えている。
  • 手順書に従って何十台ものPCにOSとアプリをインストールし続けている。
  • 自分では内容が理解できない図形をExcelで描き続けている。
  • 既存のソースコードからのコピペと試行錯誤でプログラミングしている。
  • 他人が作成した自分では内容が理解できないソースコードから詳細設計書を作成している。
  • 他人が作成したテスト手順書に従ってテスト作業をしている。
  • 他人が作成した手順書に従ってビルドやバックアップを続けている。
スポンサーリンク

デスマーチとの深い関係

でもIT土方の仕事内容が単純作業なら、定時で帰れるような安定した仕事になりそうなものです。

ところが実際には「デスマーチ」と呼ばれる長時間労働とIT土方はセットになっています。

デスマーチをしている会社というのはほぼ決まっています。

そしてそうしたデスマーチ常習会社が使っている、または提供しているのがIT土方なのです。

理由は大きく2つです。

  • 安く使える
  • 人海戦術

安く使える

そうした会社の事業は当然儲かっておらず、予算がありません。

だから極限までプログラマーを買い叩きたい。

そこに前述の通り、年収の低いIT土方がマッチするわけです。

人海戦術

プロジェクトがデスマーチに陥りそうになると通常のプロマネは対策を打ちます。

  • 納期の交渉
  • 問題点の洗い出し
  • 解決のための追加予算の計算と手配
  • 解決のための必要スキルの洗い出しと相応な人材のアサイン

ところが、デスマーチ常習会社のプロマネは真逆の対策を打ちます。

  • 交渉スキルがないので納期は絶対
  • 問題点を洗い出すスキルはない
  • 解決のための予算は見積もり時に水増しした「バッファ」があるからいい
  • バッファは少ないのでとにかく安い人材をアサインする

そのため、

少ない予算で安い人材を大量投入して根性で当初の納期を絶対守るんだ!

となってしまうわけです。

そこに、

うちはxx人をご提供できますよ

とIT土方提供会社がつけこみます。

スポンサーリンク
派遣
派遣

コメント