プログラマーになるには

プログラマー

日本のIT業界はいろいろ問題をかかえているとはいえ、プログラマーは悪くない職業です。

そんなプログラマーになることは実は難しくありません。

スポンサーリンク

社会人が未経験からプログラマーに転職

既にプログラマー以外の仕事をしている社会人が未経験からプログラマーに転職する・・・。

他の業界は知りませんが、少なくともIT業界ではたとえ未経験であっても「仕事に使えるプログラミングの知識さえあれば」可能です。

人手不足のIT業界では応募書類に求人企業が求める技術の「キーワード」が書いてあれば書類を通します。

「キーワード」とはプログラミング言語やフレームワーク等です。

そしてプログラマー志望者を面接するのは現場のプログラマー、またはプロジェクトマネージャーです。

その面接で問われるのはプログラミングの知識であって、志望動機とかITと関係ない前職の内容とかではありません。

まとめると次の2点だけ押さえればいいわけです。

  • 応募先企業の業務内容から応募書類に書くべき「キーワード」が推測できるだけの知識。
  • 面接官であるプログラマー、またはプロジェクトマネージャーと応募先企業の業務に関連するプログラミングの話をできるだけの知識。

つまり、やみくもにプログラミングを独学してもたまたま「キーワード」がマッチする応募先企業があればいいですが、勝率は低いと言えます。

そこでおすすめは転職エージェントの力を借りることです。

転職エージェントとは企業に求職者を紹介する会社で、どの企業がどのような人材を欲しているかの情報を持っています。

転職エージェントから未経験でも入社可能な企業の情報をもらい、それらの企業が求めるスキルを予め学習してから応募に進めば入社できる可能性は高まります。

プログラマー向けの転職エージェント

プログラマーが転職を考える時、真っ先に思い浮かぶのは転職サイトです。

転職サイトはプログラマーであればたとえ転職する気がなくても登録しておいて損はありませんん。

しかし、転職におすすめなのは転職サイトよりも転職エ...

時間があれば専門学校がおすすめ

プログラマーとしてバリバリ活躍している人はなぜか専門学校卒が多いです。

専門学校のメリットはその名の通り、膨大な時間(少なくとも1年以上、かつ800時間以上)のほとんどを専門課程の学習に費やせることです。

大学は専門外の学習時間が多いため、専門課程の学習のコスト(時間/費用)パフォーマンスなら圧倒的に専門学校のほうが上です。

効率至上主義(その実情は別にして・・・)のIT業界が好む教育機関なわけです。

また、ソフト会社はたとえ大手企業でも有名企業でも学歴不問がほとんどです。

よくある建前だけの学歴不問ではなく、実際に企業風土として学歴は重要視されていません。

このことが専門学校卒のプログラマーが多い理由のひとつだと思います。

プログラマーの専門学校

プログラマーの専門学校を探すには以下のボタンをクリックします。

プログラマーの専門学校を探す

「専門学校」の欄から「ゲーム・コンピューター・Web」をクリックします。

ゲーム・コンピューター・Web

「分野」欄で「プログラマー」を選択するとプログラマーの専門学校がリストされます。

プログラマー/専門学校

会社員プログラマーを辞めた人

冒頭にも書いた通り、日本のIT業界は問題が多いです。

たくさんのプログラマーが苦しめられています。

デスマーチで心身を病んで会社を辞めてしまったプログラマーはたくさんいます。

デスマーチの原因

ソフトウエア開発は毎日のように終電近くまで続き、週末出社してもまだ開発がスケジュールに追いつかない。

IT業界ではそんな話はいくらでもあって「デスマーチ」なんて呼ばれています。

デスマーチは毎日遅刻して午後から出勤するプ...

しかし、食べていくためには仕事をしなくてもいけません。

20代なら他の職種への転職もありかもしれませんが、30歳を過ぎていたら難しいと思います。

再就職に失敗すると・・・

心身を修復して、もう一度プログラマーとして就職してもまたデスマーチかもしれません。 履歴書の職歴欄に短期で辞めた会社が追加され、無駄に年齢も上がる、という結果になりかねません。 そして次の会社への就職が格段に難しくなるという負のスパイラルに陥ります。

フリーランス向けのエージェント会社の存在

私の場合はこのような選択をしました。

ITの個人事業主

ソフトウエア会社の社員を辞めてフリーランスになりました。

ソフトウエア会社の正社員から個人事業主になる決断をするまでの経緯をまとめてみます。 就職したころ 学校を卒業して就職したのはちょうど日本のバブル経済が崩壊した頃です...

個人事業主(フリーランス)と聞くと難しそうですが、プログラマーの場合は就職するより遥かに簡単になれます。

なぜならフリーランスのプログラマーに仕事を紹介する「エージェント会社」がたくさん存在するためです。

たとえソフト会社に就職してもほとんど別の会社に常駐するSESという形態で働くことになります。

SES契約とは

中小のソフト会社は顧客とSES契約を結び、プログラマーやSEを顧客の事業所に常駐させることがほとんどです。

SESとはSystem Engineering Serviceの略です。

SES契約は請負契約の一種なのですが、...

そうであれば就職せずに個人でSES契約をした方が年収はずっと増えます。

そしてSESの仕事を紹介するのがエージェント会社というわけです。

フリーランスのプログラマーはたいてい複数のエージェント会社とつきあいがあります。

とりあえずエージェント会社に話を聞いてみてはいかがでしょうか。

フリーランスのエージェントはどう選べばいいのか?

「フリーランスのエージェント」とはフリーランス(個人事業主)に仕事を紹介する会社のことです。

頭に「フリーランスの」とつけたのは転職希望者に正社員の求人を紹介する転職エージェントと明確に区別するためです。

IT業界ならで...

プログラマーの年収
スポンサーリンク
プログラマーの年収

コメント