プログラマーの推定年収

年収

プログラマーは会社に入って一番最初に与えられる役職です。

欧米の会社ではプログラマーという独立した職業がありますが、日本のほとんどのIT関連企業では、出世の最初の段階という位置づけになっています。

日本では入社して新人教育が終わると、プログラマーとして習った言語を活用して開発する職場に配属されます。 その職場では先輩社員、ベテラン社員がいて、それらの社員が設計したドキュメントを渡されてプログラミングをするという仕事を与えれれます。

ドキュメントの読みこなしやいかに効率的にプログラムを作成するかという技術を一通り学ぶわけです。

プログラマーとしての役職を何年か勤めるとSEとなり、上流工程の設計を任されるようになります。だんだん仕事の範囲が広がるとともに、もはやプログラミングの仕事は後輩に任すようになります。そしてさらに何年かすると、プロジェクトマネージャとしての役職になるわけです。

もちろん全員がこのような出世経路を通るわけではありませんが、標準とされる経路はこのようなものです。年を経るにしたがって果たす役割が広がっていき、それと共に年収も増えていくわけです。

社員として働く限り、プログラマーは最終目標ではなく、その後に続くSE、プロジェクトマネージャの最初の段階なのです。だから収入を増やすためには上を目指して努力を重ねていくという構造が定着しているわけです。

IT業界の社員の平均年収

IT業界で働く30代社員の職種別平均年収は、ほぼ次のようになっています。

プロジェクトマネージャー800万円以上
ITコンサルタント700万円前後
社外SE550万円前後
社内SE500万円前後
IT営業500万円前後
プログラマー480万円前後
運用、保守460万円前後

これを見るとプログラマーはかなり下のレベルであるといえます。つまり、会社では業務の経験を積んで専門性を身につけた人が年収は高くなるのです。

この年収表はあくまでも平均値であり、ある程度の幅があります。また、企業の業種や規模によっても違い、一概にこうであるとはいいきれません。傾向としてとらえればいいでしょう。

フリーランスプログラマーの年収と会社員の年収比較

それではフリーランスのプログラマーと会社員ではどのような違いがあるでしょう。

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が毎年出している「IT人材白書2016」によるとフリーランスエンジニアと会社員の年収に関して以下のような調査結果が書かれています。

IT企業技術者フリーランス
30代
以下
40代50代30代
以下
40代50代
〜299万円21.9%5.0%4.1%35.3%32.6%31.2%
300〜499万円50.1%29.6%19.3%27.9%31.8%29.8%
500〜699万円21.3%35.7%32.4%19.1%15.5%19.7%
700〜999万円5.5%24.7%32.4%8.8%14.0%17.0%
1,000万円〜1.2%5.0%11.9%8.8%6.2%2.3%

フリーランスの場合、年齢によって年収の差が表れにくいと言えるでしょう。

フリーランスでは30代以下のエンジニアのうち、年収1,000万円をもらっている人が8.8%もいます。

会社員ではわずかに1.2%です。

フリーランスの場合、自己研鑽などでスキルを磨くことによって、若くても高額の収入を得ることができるようです。

あるWebプログラマー(28歳)は、会社員時代には年収350万円だったのが、独立して5年経った今では年収600万円になったそうです。

ただ、フリーランスとして大幅に年収を上げたいなら、クライアントが求める技術力、スキルを磨いて常にニーズに応えられるような力を普段からつけておくことが必要です。

また、「エンド直請け案件」を多数抱えるフリーランスのエージェントとつきあうことが重要です。

フリーランスのエージェントはどう選べばいいのか?

「フリーランスのエージェント」とはフリーランス(個人事業主)に仕事を紹介する会社のことです。

頭に「フリーランスの」とつけたのは転職希望者に正社員の求人を紹介する転職エージェントと明確に区別するためです。

IT業界ならで...

年収を上げるための選択肢

プログラマーが年収を上げるための選択肢は2つです。

  • フリーランス
  • 転職エージェント経由での転職

フリーランス

IT業界にはフリーランスに仕事を紹介するエージェントが多数存在するため、フリーランスでも仕事に困ることはあまりありません。

そのため、プログラマーが年収を上げる一番手っ取り早い手段はフリーランスになることです。

フリーランスのプログラマーになるには

プログラマーとして大きく年収を上げたいのであれば、フリーランス(個人事業主)になるのは悪くない手段です。

正社員を辞めフリーランスとして継続して仕事を得るのは一般的には大変なことだと思いますが、プログラマーの場合はIT業界特有...

転職エージェント経由での転職

転職というと転職サイトで求人を探して自分で応募、という流れが一般的です。

まあ、プログラマーであればたとえ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいて損はありません。

今すぐ転職する気がなくても転職サイトを活用する

転職サイトとは求人情報が掲載されているサイトのことです。

とりあえず転職する気はないから転職サイトなど関係ない・・・、

そう考えるのが普通です。

しかし、プログラマならたとえ転職する気がなくても転職サイトは活用すべ...

しかし、年収を上げるために転職したいのであれば転職サイトから自分で応募するよりも転職エージェントを使うのがおすすめです(理由については以下の記事をどうぞ)。

プログラマー向けの転職エージェント

プログラマーが転職を考える時、真っ先に思い浮かぶのは転職サイトです。

転職サイトはプログラマーであればたとえ転職する気がなくても登録しておいて損はありませんん。

しかし、転職におすすめなのは転職サイトよりも転職エ...

コメント