履歴書のテンプレート

自由な書式で作成する職務経歴書と違って履歴書の書式はJIS規格履歴書様式として決められています。

昔のJIS規格履歴書様式では「保護者欄」があったのですが、平成20年に改定され「保護者欄」が削除されました。

しかし、未だに保護者欄付の紙の履歴書用紙を売っているお店がありますし、ネット上には「保護者欄」があるどころかJIS規格履歴書様式でないテンプレートも転がっています。

履歴書はある意味、「常識」を見るものであるとも言えるので余程の理由がない限り、最新のJIS規格履歴書様式に完全に合った履歴書をつくるべきです。

履歴書の書式が原因で書類選考で落とされるなんて本当にバカバカしいですから。

そんなバカバカしいことを避けるためも履歴書のテンプレートを使うのがおすすめです・・・・、

・・・と言いたいところですが、実はテンプレートを使うにせよ使わないにせよ、自分で履歴書を作ることはおすすめしません。

その理由については最後に述べたいと思います。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント
ITエンジニア専門 高額報酬案件【TechClipsフリーランス】

ハローワークのテンプレート

ハローワーク(公共職業安定所)はハローワークインターネットサービスでパソコンで履歴書を作るためのJIS規格履歴書様式テンプレートを提供しています。

PDF版のテンプレート

JIS規格履歴書様式例(PDF版)

PDFをダウンロードして自宅のプリンターで印刷すれば履歴書用紙を買うお金が節約できます。

履歴書を手書きするのは大変な手間ですから。

「履歴書は手書きが当然だ、パソコンで作った履歴書なんてダメだ!」なんて会社に応募するならやむを得ませんが・・・

Excel版のテンプレート

JIS規格履歴書様式例(Excel版)

なぜ日本の税金で運営されているハローワークがExcelという外国企業の有料製品のテンプレートを提供するのでしょうか。

まあそれでも、このテンプレートをExcelで埋めればとりあえず履歴書はできあがります。

この履歴書Excelファイルをパソコンに保存しておいて、再利用すれば少なくとも手書きの履歴書よりは遥かに便利ではあります・・・、がもっとおすすめの方法は最後に述べます。

テンプレートへの記入方法

履歴書テンプレートへの記入方法については以下の記事をどうぞ。

履歴書はインターネットで管理する

冒頭で書いたとおり、テンプレートを使うにせよ使わないにせよ自分で履歴書をつくるのはおすすめしません。

なぜならWEB上で最終学歴、入社、退社など履歴書を構成するデータを入力すれば、履歴書のWordファイルを自動で生成してくれる転職サイトがあるらです。

一旦登録してしまえば、前述のExcelより簡単に履歴書を作ることができます。

また、自分の履歴書データをインターネット上で管理できると何かと便利です。

今すぐに転職する気がなくてもインターネット上にデータがあれば転職する気になった時にすぐに履歴書を生成できます。

履歴書テンプレートから自分で履歴書を作成するよりもこうした転職サイトの機能を活用するのがおすすめです。

転職サイトで履歴書を作成する

コメント