若手でも積極的にSEにチャレンジしたい!

マネージャー

20代〜30代でもSEや社内SEとして活躍している人が多く、同年代の方よりも抜きんでた能力や最低限の経験があれば、大幅に年収をアップさせて転職を成功させる例が増えています!

スポンサーリンク

社内SEに必要なスキルとは?

システムエンジニアは、単なる技術屋では終わらない職種です。

依頼主は、システムに全く詳しくない人かもしれません。そうしたクライアントと綿密に打ち合わせを行い、的確にその要望に応えるためのヒアリング能力、課題提案能力、企画、実行能力など、幅広い能力と経験が求められます。

クライアント企業にシステム部門があれば、その担当者との打ち合わせも仕事の一つです。さらに開発スタッフへの指示やフォローも行う必要があります。

システムエンジニアは、机やパソコンに向かうだけではなく、人との関わりや対応が増えるため、全人間的な能力が必要で、時間を効率よく使い、トラブルの対処や新規システムのリリースなどを行う仕事です。

システムエンジニアは大変な人気職種です。それだけに高報酬が約束されており、現在プログラマの方もスキルアップ、ステップアップをしながら、いずれはシステムエンジニアを目指していくことになります。

20代、30代のスキルやポジション

システムエンジニアは、求める経験や能力が高く、若い20代30代の方を募集する場合は、年齢相応の経験と能力を求めることが多く、採用する企業においての人材募集では、同じSEといっても、そこまでのスペックの高い人材を求めていない場合があります。

実際に今現在勤めている企業において、経験できる業務も制限されることがあります。将来性や転職者本人が持つポテンシャルを見極めつつ、20代、30代のシステムエンジニアの選考が行われているのが現状です。

この年代ではメンバーやリーダーとしての役割を担う人材がほとんどです。社内で経験と実績を積み重ねながら、将来はマネージャーや社の幹部へと成長するような人材が求められるようです。

面接では、職務経歴での経験が足りないと思う方は、好感度をアップさせ意欲的な面をアピールすることで、ポテンシャルを感じさせる人物として面接官にアピールできます。

キャリアアップ、年収アップを狙うには?

年代に相応しいSEとしての一定のスキルを超えていれば、転職の際にも採用に有利に働きます。

ところが、それだけでは、並みのSEの待遇しか得られないでしょう。転職理由には、誰もが納得できる理由とその裏付けを用意しなければなりません。応募者にスキルの差がそれほどないということであれば、最終的に将来性で決まることが多くなります。

そして、最も重要なのは、ヒューマンスキルです。もう一度会ってみたい、この人と仕事がしたい、という人間的な魅力はそう簡単に身につくものではありません。社内、顧客などの多種多様な人間に対し、コミュニケーションやプレゼン、マネジメントなどの各スキルを駆使し、成功に導くことができる能力こそが、最も企業が欲しいと考えるSEだといえるでしょう。

プログラマーの年収
スポンサーリンク
プログラマーの年収

コメント