SES契約とは

プログラマー

中小のソフト会社は顧客とSES契約を結び、プログラマーやSEを顧客の事業所に常駐させることがほとんどです。

SESとはSystem Engineering Serviceの略です。

SES契約は請負契約の一種なのですが、完成したシステムを納品するのではなく、技術者の労働力を提供する契約です。

SES契約と派遣契約の違い

顧客の事業所にプログラマーやSEを常駐させるのは派遣契約でもできますが、SES契約と派遣契約は何が違うのでしょうか。

SES派遣請負
契約形態準委任契約
(請負の一種)
派遣請負
指揮命令権SES会社派遣先請負会社
提供するモノ労働力労働力完成したシステム
作業場所顧客会社顧客会社請負会社
商流別のSES会社へストップ 下請け、SES、派遣へ

派遣は指揮命令権が顧客会社(派遣先)にあり、まるで顧客会社の社員のように働きます。

顧客会社の社員との最大の違いは「原価」です。

要するに社員と同じ仕事を安い給料でやるのが派遣です。

それに対してSESは顧客会社からは独立した指揮命令系統があります。

もし、顧客会社の社員から指示されて作業しているなら、それはSESでなく偽装請負という違法行為です。

SES契約のメリットとデメリット

メリット

  • リスクがない
  • 顧客から技術を学べる

リスクがない

請負契約では「完成したシステム」を予定どおり納入できなければ赤字になるリスクがあります。

納期遅延などで罰金を支払うこともあります。

しかし、SES契約は労働力を提供してさえすれば定期的に報酬を得ることができます。

たとえ顧客のプロジェクトが失敗してもSESの報酬は支払われます。

顧客から技術を学べる

自社の事業所で開発する請負契約では開発に必要な技術は自社で学ぶのが当然です。

新入社員への技術教育も必要です。

しかし、SES契約で顧客先に常駐していれば顧客の開発の仕方、所有しているソースコード(たとえそれば外注が作成したものでも)などから技術を学ぶことができます。

ただし、このメリットはデメリットと表裏一体です。

このメリットゆえに技術力の低い社員や新入社員をSES契約で顧客の事業所に常駐させることもできるのですが、足元を見られてSES料金を叩かれるのがオチです。

デメリット

コメント