商流とは

物流

IT業界で働いていると「商流」という言葉をよく聞きます。

IT業界以外では商流とは、商品の情報、金銭、所有権などの流通を意味します。

物理的な商品の流通は「物流」呼ばれますが、物理的でない流通を「商流」と呼ぶわけです。

英語では物流がphysical distribution、商流がcommercial distributionと呼ばれます。

それに対し、IT業界でいう商流とは技術者、つまり人間を商品のように流通させる意味で使われています。

スポンサーリンク

請負の商流

日本のIT業界は派遣やSESばかりではありません。

請負契約で自社の事業所で開発する会社も一応存在しています。

そのような会社はすべての開発に対応できるだけの社員を在籍させていません。

理由は「開発の生産性を高めて少人数でも開発できることを目指しているから」ではありません、残念ながら。

自社の社員より「原価」が低いSESや派遣を使うことで「原価率」を下げ、利益を増やすためです。

社員の原価とは給料、ボーナス、会社が支払う社会保険料、退職金の積立はもちろん、事業所費用、営業や経理など間接部門の費用などを技術者数で割った費用も含まれます。

立派な事業所、立派な営業や経理などを持ち、請負で受注できる会社の技術者の「原価」は高いのです。

下請け

顧客と直接、請負開発契約を結んだ「技術者の原価が高い会社」は自社で開発しきれない分を切り出して、別の会社に下請けに出します。

下請けの会社がさらに下請けに出す場合もあります。

このIT業界の下請構造の商流は建設業界に似ていると言われています。

しかし、請負は発注側も受注側もスキルが必要であるため、実際にはこのケースは多くありません。

派遣契約でIT商流はストップする

請負開発する会社、または自社開発するメーカーに技術者を派遣します。

請負開発では、一次請け、二次請け、孫請け、曾孫受け、、、といった商流があります。

しかし、派遣には一次派遣、二次派遣などといった商流はありません。

技術者を派遣先からさらに別の会社に派遣することは「多重派遣」として労働基準法と職業安定法で禁止されているからです。

派遣契約でIT商流はストップするはずであり、もしストップしなければそれは多重派遣という違法行為となります。

SESならIT商流が止まらない

前述のように技術者を派遣先からさらに別の会社に派遣することは「多重派遣」として労働基準法と職業安定法で禁止されています。

しかし、SESは派遣契約でなく準委任契約(請負の一種)ですから、SES会社の技術者を別のSES会社を経由してさらに別の会社に常駐させても多重派遣にはなりません。

その場合、技術者の常駐先の会社から中間のSES会社にSES料金が支払われます。

中間のSES会社は受け取ったSES料金から管理料を差し引いて、下の商流のSES会社に支払うわけです。

商流を上げるには?

IT商流はこのような構造になっているため、商流が下の会社より上の会社の社員の年収が高いのが普通です。

下の商流の会社の社員がこれに気づけば誰でも商流を上げたい、と思うでしょう。

社員全員が頑張って会社の技術力と営業力を上げていけば、上の商流で仕事が受注できるかもしれません。

しかし、それには何年かかるでしょうか?

一人で頑張っても無理です、社員個人でなく会社の問題なのですから。

他のプログラマーや営業を巻き込んで一緒に頑張れるでしょうか?

商流を上げる現実的な方法は2つです。

  • 上の商流の会社に転職する
  • フリーランスになる

上の商流の会社に転職する

商流が上の会社に転職すればいい・・・。

それはそうなのですが、転職とは別の会社の正社員になることですので簡単ではありません。

商流が下の会社から上の会社へは入社するのが難しい現実があります。

上流への転職の第一歩は自分のスキルを正確に把握することです。

一部の転職サイトにある自分のスキルを客観的に把握する機能を使うのがおすすめです。

しかし、転職サイトに掲載されている求人に自分で応募するのがおすすめしません。

自分で応募せず、技術系の転職エージェントを使うほうがおすすめです。

転職エージェントとは企業から採用したい人物像をヒアリングし、マッチする人材を紹介する会社です。

転職希望者からもヒアリングをしてマッチする企業を紹介します。

紹介した人材が入社しないとお金にならないため、書類選考で落とされる確立を大きく減らせます。 ただし、技術系のエージェントでないと意味はありません。

技術のわからないエージェントが企業や転職希望者からヒアリングができるわけはないのですから。。。

またある意味、IT商流のトップとも言える社内SEへの転職も人気です。

フリーランスになる

通常、フリーランスとして独立してやっていくことは並大抵なことではないと思われがちです。

ところが、IT業界には他の業界と比べて簡単にフリーランスとしてやっていけるという特殊事情があります。

そしてフリーランスの大きなメリットは仕事はもちろん、商流も選べるということです。

正社員としては入社が難しい上の商流の会社でも、技術的にマッチしさえすればその会社のプロジェクトにフリーランスとして参画することができます。

上の記事にも書きましたが自分で営業してはダメです。

自分で営業するといろいろなしがらみから商流は下がることがほとんどだからです。

ポイントは上の商流の仕事を多数抱えるフリーランスのエージェント(フリーランスのプログラマーに仕事を紹介する会社)を介すことです。

フリーランスのエージェント

プログラマーの年収
スポンサーリンク
プログラマーの年収

コメント