今すぐ転職する気がなくても転職サイトを活用する

転職サイトとは求人情報が掲載されているサイトのことです。

とりあえず転職する気はないから転職サイトなど関係ない・・・、

そう考えるのが普通です。

しかし、プログラマならたとえ転職する気がなくても転職サイトは活用すべきです。

スポンサーリンク

自分のスキルの管理

プログラマーは常に成長が求められる仕事です。

しかし、ただ闇雲に仕事をこなしているだけでは、将来「こんなはずじゃなかった・・・・」となりかねません。

そんなふうに後悔しないためには定期的に自分のスキルやキャリアを棚卸しし、自分が目指す方向に向かって成長できているか確認する必要があります。

自分が経験してきたプロジェクト、プログラミング言語、OS、職種(チームリーダー、プロジェクトリーダー等)、その他諸々の情報はどうやって管理しているでしょうか?

職務経歴書としてまとめてどこかに保存している人もいるかもしれませんが特に管理していない、という人が多いのではないでしょうか。

転職サイトを使うとそうしたスキルやキャリアをクラウドで効率よく管理することができます。

以下は転職サイトのプログラム言語経験の管理画面です。

聞いたことのない言語もあるかもしれませんが、「IT業界にいるのに名前すら知らないプログラム言語がある」と気づくだけでも収穫になります。

同じく次世代技術研究開発経験の管理画面です。

こうした画面で定期的に自分のスキルを「棚卸し」することができます。

職務経歴書は自動生成する

転職サイト(リクナビNEXT)ではこうした情報から職務経歴書を自動生成し、Wordファイルとしてダウンロードすることができます。

職務経歴書の書き方

開発の現場担当者として、多くのプログラマーの職務経歴書を見てきました。

プログラマーの採用では履歴書よりも職務経歴書を重視する会社は多いと思います。

新卒でもない限り、履歴書に書かれている最終学歴などソフトウエア開発とは...

定期的に自分のスキルを棚卸ししておけば、いざ転職となった時に職務経歴書はすぐに手に入るわけです。

仕事に何を求めるのか?

転職サイトは基本的には求職者が自ら求人を探すものです。

しかし、リクナビNEXTという転職サイトにはスカウトメールという企業側から求職者にアプローチする機能があります。

転職する気もないのにそんなメールなんてウザい、と思うかもしれませんがスカウトメールは前述のスキルと「希望条件」が一致する人にしか送られません。

希望条件はプログラマーという仕事に何を求めるか?、です。

今は会社から決められた額の給料をもらい、指示された場所に常駐し、指示された職種として働いているかもしれまん。

しかし、転職サイトで本当に仕事に求めているものを明確にしてみてはどうでしょうか。

  • 1,000万円の年収が欲しいのか、500万円でいいのか
  • 都心で働きたいのか地方で働きたいのか、都心で働きたいのか
  • プロジェクトマネージャーがやりたいのか、ソフトウエアの研究がやりたいのか
  • 大きな会社がいいのか、小さいほうがいいのか

また、明確にした希望条件でスカウトメールがどの程度くるのかで自分の価値がある程度わかります。

例えば前述のスキルがほぼ未経験なのに年収1000万希望などとしていればスカウトメールは来ないでしょう。

ちなみに企業側がスカウトメールを出す段階では相手の個人情報はわかりません。

キャリアプランを立てる

キャリアプランとは自分の求める仕事をするためには何をすべきを明確にすることです。

現在のスキルと自分の求める仕事が明確になっていれば、その間を埋める、つまり求める仕事に到達するには何をすればいいかおのずとわかるはずです。

転職サイトにはこのキャリアプランを管理する機能もあります。

履歴書は転職サイトで管理する

仮に素敵なスカウトメールが来て「転職したい!」となった場合、履歴書が必要になります。

先程、職務経歴書は自動生成できると書きましたが、転職サイトでは同様に履歴書も自動生成してWord形式でダウンロードできます。

考えてみれば履歴書に書く内容など独自のものは志望動機くらいで、他は提出日によって日付を変えるくらいです。

プログラマーであれば自動生成された履歴書を使うのは当然ではないでしょうか。

デスマーチで死ぬ前に

IT業界によくあるデスマーチ。

デスマーチの原因

ソフトウエア開発は毎日のように終電近くまで続き、週末出社してもまだ開発がスケジュールに追いつかない。

IT業界ではそんな話はいくらでもあって「デスマーチ」なんて呼ばれています。

デスマーチは毎日遅刻して午後から出勤するプ...

そんなデスマーチにならない会社で働くべきなのですが、実際にデスマーチになってしまうと自分のキャリアなど考えるどころではなくなってしまいます。

たとえ今すぐに転職する気がなくともこのページを見ている今、転職サイトに登録すべきです。

そしてローカルハードディスクの奥深くに書き散らした職務経歴書や履歴書の情報を転職サイトに移動し、自分のキャリアのために活用しましょう。

転職サイトを活用することでIT業界での自分のポジションを客観的に知ることができるようになります。

たとえ現在は転職が無理でも、将来転職するためには何のスキルを磨けばいいのかが整理できます。

転職サイト(リクナビNEXT)でキャリアを管理する

プログラマーの年収
スポンサーリンク
プログラマーの年収

コメント